キャッシング会社が重視する審査基準とは

数年前にあった貸金業法の改正、「総量規制」を施行されたことで、年々キャッシング業界を取り巻く規制が厳しさを増す中で、借りる側の融資「審査」も厳しくなっていると聞きます。では、実際に厳しくなっているのでしょうか?大手キャッシング業者各社の審査基準を見てみると、さほど以前と変わり映えがしてないような気もします。

確かに、冒頭でお話した「総量規制」が施工されたことで、キャッシング会社が融資できる限度額が「借入者の年収の1/3以内」と制限されてしまっているので、もし既にどこかで借入をしている方が追加で借入をしようとした時に、その借入額が年収の1/3を上回ってしまうと借入れが出来ないということになります。しかし、はじめてキャッシングをする人や、毎回ちゃんと返済している人、少額の融資をうけたい人にはあまり関係ない規則かと思います。

その他の審査基準で見てみると、「対象年齢内(大体20~69歳内」である事や、「安定した定期的な収入についている(パートやアルバイトでも良い」事などが挙げられますが、これは以前からの審査基準なので、さほど変わりはありません。

ですので、キャッシングの審査が厳しくなっているというより、そもそも借りられる人の対象間口が少し狭まったという感じでしょうか。

ちなみに、実証はないものの昔から言われている、「実はこんなところを見られている!?」というキャッシング「審査基準」の豆知識をご紹介します。

・離職率の高い職業は「勤続年数」が長いと有利!

水商売などは離職率が高いため、「安定した収入を得ているか!?」の審査基準に黄信号がともります。ですので、そういった職業で申請する場合は「勤続年数」が長いことをアピールすると審査が通りやすいなんて噂があります。

・携帯電話より固定電話

最近は、携帯やスマホが普及して、一人暮らしの方は家に固定電話を引かないのも当たり前になってきています。ですので、これはもうさほど重要視されないかもしれませんが、かつては「固定電話」を引いているイコール、しっかりとした住宅基盤を持っているとみなされ、信頼度もあがり審査に有利だったのかもしれません。

・家族構成と居住形態

これも先の「固定電話を引いているかいないか」と同じですが、アパートで一人暮らしよりも持家で家族との同居している方が住宅基盤がしっかりしていると見なされ、社会的な信頼も厚く、審査に有利との話です。というのも、一人暮らしの場合、踏み倒された時の連絡普通や夜逃げされる確率が高いとかなんとか。ただし、もちろん一人暮らしだからといって、審査に落ちるという事はまずないのでご安心を。あくまで、どちらが信頼度が高いか、という話です。

以上、キャッシング業界の審査基準の動向と、審査基準の豆知識でした。

ただ、もう少し具体的に現在のキャッシングサービスの「審査基準」を知りたい!という方は大手キャッシングサービスのどれか一つの審査基準を参考にされてみても良いでしょう。

今は大手優良キャッシングサービスであれば、さほど審査項目や基準の高さに違いはありません。はじめてのプロミス審査には、大手キャッシングサービス「プロミス」の審査項目と対策について詳しく紹介されているので、参考にしてみても良いかもしれません。

資金力があるので金利が低めの銀行系キャッシング

消費者金融会社はたくさんありますが、その中には銀行系のキャッシング会社があります。

銀行系キャッシングと呼ばれるもので、銀行が運営している個人向けキャッシングサービスです。

しかし、実際に銀行がサービスを提供しているわけではなく、銀行が資本を出して作った子会社や、もともとあった消費者金融会社が銀行のグループ会社になったというものです。

別に銀行本体が運営しているカードローンなどのサービスもありますが、これとは別のものです。

銀行系キャッシングは、一般的な消費者金融会社よりも審査が厳しい、消費者金融会社よりも金利が低めという特徴があります。

審査が厳しいといっても、安定した収入がある定職についていれば申し込むことができます。

アルバイトでも安定した収入があれば、申し込むことが可能です。

また、バックに銀行がついている銀行系のキャッシング会社は一般的な消費者金融会社よりも資金力があり、安い金利でお金を貸すことができます。

ですから、一般的な消費者金融に比べて、金利が安いのが特徴になっています。

銀行系キャッシング会社には、三菱UFJファイナンシャルグループのアコム、SMFGグループのプロミス、新生銀行グループのレイク、三井住友銀行グループのモビット、新生銀行グループのノーローンなどがあります。

銀行系のキャッシングは銀行のカードローンに比べると金利はやや高めですが、審査は比較的通りやすく、スピーディですので、早ければ即日融資も可能です。

ただし、銀行のカードローンは借入額が年収の3分の1を超えてはならないという総量規制の対象外ですが、銀行系キャッシングはあくまで消費者金融からのキャッシングですので、総量規制の対象になるので利用する際には注意が必要です。

初めてキャッシングをする場合には、金利も比較的低めで、銀行のグループ会社ということでなんとなく安心感もある銀行系キャッシングを利用してみてはどうでしょうか。

まとまった金額を長期間かけて返済するカードローン

カードローンとは個人向けの無担保融資のことで、担保をつけないでお金を借りることができるので、個人の信用を重視したローンです。

キャッシングに比べて審査条件が厳しく、借入するまでに多少時間がかかりますが、ある程度まとまった金額が必要で、用途が特定していない場合、分割返済やリボ払いができるカードローンは便利です。

また、金利はキャッシングよりも低いことが多く、お金が必要だけど、そこまで急ぎはしないという時はカードローンが向いています。

審査が厳しいといっても、原則として安定した収入のある定職についていれば申し込みすることはできます。

また、最近は限度額が10万円のカードローンもあり、学生や専業主婦でも利用できるものもでてきました。

カードローンの特徴は、用途が限定されていないフリーローンだということです。

自動車ローンや教育ローンなどは、用途が限定されていますが、カードローンは何に使ってもかまいません。

ただし、金利は用途が限定されたローンよりも高くなります。

もう1つの特徴は、限度額内であれば何度でも借りたり返したりができることです。

返済は毎月5千円や1万円といったように一定の金額を返済していくリボ払いが多く、毎月の返済をきちんと続けている限り、限度額の範囲内で何度でも借り入れすることができます。

この限度額は一度決まってしまえば、よほどのことがない限り減額されることはありません。

しかし、限度額内であればいつでも引き出せるという便利さが、お金を借りているという感覚を鈍らせてしまって、カードローンで借りる、返すの繰り返しを何年も続けてしまう人がいます。

中には何十年も続けている人もいます。

何年も繰り返していると、もともと借りた元本は少額でも、金利の支払は多額になってしまいます。

カードローンは大変便利ですが、できるだけ早めに返済を終わらせるようにして、いざという時のお守りという形で持っておくようにしましょう。

少ない金額を短期間借りるにはキャッシングが便利

キャッシングとカードローンはどちらもカードを使ってお金を借りるというような意味で使われていますが、厳密には違うものです。

キャッシングとは、カードを使ってお金をATMやキャッシュディスペンサーなどから引き出すことを言います。

もともとキャッシングの返済方法は翌月一括払いでしたが、最近はリボ払いや分割払いができるところもあります。

これに対して、カードローンはお金の使い方が限定せずに、カードを使ってローンよりも比較的簡単にお金を借りられるようにしたものです。

キャッシングは、早くお金を借りたい、借り入れる金額がそんなに多くない場合に向いています。

金利はカードローンよりも高めですが、借入額が少なく、短期間で返済できる見込みがあれば、キャッシングの方が便利です。

キャッシングの審査は速いところでは10秒程度で終了するところもあります。

遅くとも当日中には審査が終了し、早ければ当日中にお金を借りることができます。

また、プロミスやノーローン、レイクのように無利息期間を設けている会社もあるので、無利息期間内に返済すれば、利息は全くつかず、借りた金額を返済するだけで済みます。

冠婚葬祭などで急な出費があって手元のお金が足りなくなったり、お給料日までの数日間のつなぎ資金が必要な場合など、審査が速く、当日中にお金を借りることができるキャッシングは大変便利です。

ただし、金利はカードローンよりも高めなので、借入期間が長期間になると支払う利息の金額が大きくなってしまいます。

できるだけ早く返済するようにしましょう。

プロミスは条件を満たせば30日間無利息、ノーローンは1週間無利息、レイクは5万円まで180日間無利息か全額30日間無利息のサービスを実施しています。

無利息サービスを上手に利用しましょう。

特にノーローンは完済した翌月には無利息サービスを受けることができ、何度でも無利息サービスを利用することができます。

1週間以内に返済できる見込みがある場合は、大変便利です。

なぜ審査に落ちた?消費者金融の審査ポイント

消費者金融の審査ポイントってご存知ですか?今回は、知っておくべき審査基準のポイントについてご紹介します。

まず、注意すべきことはクレジットカードの支払いの滞納です。これは結構やってしまいがちですが、口座の残高不足などで支払いの延滞状態が数ヶ月続くと信用情報機関にその情報が残ってしまいます。特に直近3ヶ月の支払い滞納があると、審査は通りにくくなりますので、注意してください。

次に注意すべきは、過去の借入れの返済状況です。過去に消費者金融などで借り入れた経験があり、そのときの返済に遅延が生じていた場合は審査に通ることが難しくなります。他の消費者金融機関であってもその情報は、消費者金融機関同士で共有されています。

また、総量規制にも注意しましょう。総量規制とは、貸金業法で定められているもので、貸金業者からの個人の借入れ残高が年収の3分の1を超える場合は、借入れが制限されるというものです。これは、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた法律です。ちなみに総量規制には、住宅ローン、車のローンなど対象外となります。

その他、返済能力をはかるために消費者金融が見ているポイントには、年収・勤続年数・勤務先、勤務形態、持ち家かどうか(居住形態)などがあります。中でも勤続年数に関しては、しっかり見られているようで、年収が高くても勤続年数が短いと審査に通りにくいですし、パートやアルバイトであっても勤続年数が長ければ、審査に有利に働くというケースもあるようです。

また、審査に通るか不安だからといって、複数の消費者金融に同時に申し込むことも避けましょう。信用情報は、リアルタイムで更新されていますが、実際に融資を受けているのか、審査に通らなかったのかはリアルタイムではわかりません。そのため、同時に複数の消費者金融に申し込むことは貸し手側から見た印象が非常に悪くなってしまうのです。

消費者金融に申し込む際は、上記のようなポイントに注意しましょう!

知名度の高く、信頼性のある大手消費者金融がおススメ

消費者金融会社は大手から地元に根差した小規模なところまでたくさんあります。

その中でも金利が低く、安心して借りられると人気が高いのは、テレビCMなどでもおなじみの知名度が高いアコムやレイク、プロミス、モビットなどの大手の消費者金融です。

これらの消費者金融は銀行系と呼ばれ、大手銀行の傘下に入っているため資本力があり、金利を安く設定することができます。

また、大手銀行のグループ会社ということで、信頼性も高く、安心感もあります。

中でも、三菱東京UFJグループのアコムは手続きの簡便さと審査の速さはトップクラスで、最高融資可能額も500万円と銀行のカードローンにも引けを取っていません。

期間限定ですが、初めて利用する人に限り契約日の翌日から30日間無利息サービスを実施しているので、初めて消費者金融を利用するという人にはおススメです。

三井住友銀行グループのプロミスも最短で30分以内に審査の結果がわかり、早ければ即日融資が可能です。

プロミスポイントサービスに申し込むと、初めて利用する人に限り融資の翌日から30日間無利息サービスを受けることができます。

同じく三井住友銀行グループのモビットも審査が速く、即日融資が可能で、最高融資可能額も500万円と高額になっています。

アコム、プロミス、モビットは消費者金融ですので、年収の3分の1以上の借入ができない総量規制の対象となり、年収が少ないアルバイトやパートの人は少額しか融資を受けることができません。

しかし、レイクは新生銀行のカードローンですので、総量規制の対象外となるので、アコムやプロミス、モビットなどで融資が受けられなかった場合でも、受けられる場合があります。

レイクも5万円まで180日間無利息か全額180日間無利息のどちらかを選択できる無利息サービスを実施しています。

また、プロミス、レイクにはそれぞれ女性専用の窓口があり、女性スタッフが対応してくれるため、女性には利用しやすくなっていて、人気があります。

アルバイトの人のキャッシングは総量規制に注意が必要

急な出費があってお金が足りなくなった時、消費者金融からの借り入れは非常に便利です。

しかし、アルバイトの収入では消費者金融からの借り入れは難しいのではないかと考えてしまいますが、アルバイトでも安定した収入があれば、借り入れすることができます。

アルバイトでも安心して借り入れしやすいのが、レイク、プロミス、アコム、モビットなど銀行系の消費者金融です。

消費者金融の多くは、借入金額が50万円以下の場合は収入の証明書が不要となっていますので、アルバイトでも借りやすくなっています。

アルバイトでも安定した収入があれば借り入れは可能なのですが、年収の3分の1以上の借り入れはできないという総量規制があるので、年収の少ないアルバイトの人は総量規制に引っ掛かってしまうことがあります。

そういう時に利用したいのがレイクです。

レイクは新生銀行のカードローンなので総量規制の対象外になります。

他の消費者金融で借り入れができなかった場合でもレイクでは借りられることがあります。

アルバイトでは、仕事を始めて2か月後にまとめて給料が支払われるというところがあり、給料日までのつなぎとしてお金を借りたいということがあります。

そういう時には30日間無利息サービスを実施しているプロミスや借入額の5万円まで180日間無利息か借入額全額を30日間無利息のどちらかを選択できるレイクが便利です。

プロミスの場合、無料のポイントサービスに入会する必要がありますが、30日間は何度借りても無利息になりますので、有効に使って支払う利息を少なくするようにしましょう。

今、お金に困っていてすぐにお金を借りたいという場合はアコムが審査までの手順も簡単で、審査も速いと人気があります。

2013年10月10日~2014年1月31日まで契約日の翌日から30日間無利息サービスを実施しているので、有効に活用しましょう。

モビットもインターネットからの申し込みをすると10秒で審査結果が表示されるので、急いでいる時には便利です。

女性でも安心して借り入れができる大手消費者金融

安定した収入がある定職についていれば、男女関係なく借り入れは可能です。

しかし、一般的に男性に比べて女性の方が収入が低い傾向にあります。

ですから女性が借り入れをする場合、自分の給料で返済ができるかどうか不安に思う人も多いのではないでしょうか。

消費者金融のホームページでは返済シミュレーションができますので、余裕を持って返済できるようにシミュレーションしてみましょう。

また、窓口や電話でも専門のスタッフが相談にのってくれますので、不安な場合は問い合わせてみましょう。

女性の場合、男性に比べて他人の目が気になります。

最近はインターネットで申し込みからキャッシング、返済までできるところも多いので、窓口に出向く必要もなく、女性でも気軽にキャッシングできます。

キャッシングの相談をする場合でも、女性スタッフに相談することができます。

女性が比較的借り入れしやすい消費者金融はアコム、プロミス、レイク、モビットなどです。

アコムは提携先の銀行やコンビニのATMも多く、利便性が良いので人気があります。

また、パートやアルバイトなどの女性でも安定した収入があればキャッシングの申し込みができます。

プロミスにはレディースプロミス、レイクにはレディースレイクという女性専用の窓口があります。

レディースプロミスのスタッフは女性だけなので、初めてでも安心して相談や申し込みができます。

子育てや介護などの事情があり、フルタイム働けない女性でもアルバイトやパートで安定した収入があれば、キャッシングの申し込みをすることが可能です。

モビットはインターネットから申し込みをすると10秒で審査結果が表示され、その後本審査となります。

アルバイトやパートで働いている女性でも、定期的な収入があれば審査を通り、お金を借りることができます。

アコム、プロミス、レイク、モビットのような大手の消費者金融であれば女性でも安心してキャッシングできますし、一度審査をパスすれば、あとは審査なしで何度でもキャッシングすることができます。

上手に利用して支払利息を少なくする無利息サービス

急遽お金が必要になって、やむを得ずキャッシングした場合、できるだけ支払う利息は少なくしたいものです。

金利が安いところを選ぶのはもちろんですが、一定期間、利息がかからない無利息サービスを実施している会社があるので、上手に利用したいものです。

ノーローンは、借り入れから最初の1週間は無利息になります。

さらに、全額を完済した翌月以降の借り入れも最初の1週間は無利息になり、完済すれば何度でも無利息サービスを利用することができます。

次の給料日には返済できるなど、短期間で返済する見込みがある場合は、大変便利です。

プロミスは初めて利用する人に限り、30日間無利息サービスを実施しています。

ただし、プロミスポイントサービスを申し込むことが条件です。

初めてのキャッシング前にポイントカードに申し込むと初めてキャッシングした日の翌日から30日間、初回キャッシング後にポイントカードに申し込んだ場合は、初回の返済後から30日間、初回で完済した場合は、次のキャッシングをした日の翌日から30日間無利息サービスを利用することができます。

レイクは、初めて利用する人に限り5万円まで180日間無利息か全額を30日間無利息のどちらかのサービスを選択することができます。

ただし、借り入れ金額が200万円を超える場合は、30日間無利息サービスしか利用することができません。

無利息サービスを実施しているのはノーローン、プロミス、レイクの3社だけでしたが、2013年10月10日~2014年1月31日までの期間限定でアコムも最大30日間無利息サービスを実施しています。

無利息サービスの利用条件は、アコムの利用が初めてであること、返済期日35日ごとで契約することなどです。

30日間は無金利ですが、返済期日35日ごとで契約する必要があるので、最低でも5日分の利息は支払うことになります。

また、無利息サービスは借入日の翌日からではなく、契約日の翌日からカウントされるので、契約後すぐに借り入れした場合は最大30日間のサービスが受けられますが、契約日と借入日が異なる場合は、30日よりも短い期間になります。

最短で即日融資も可能、インターネットからの申込

最近は消費者金融の融資の申し込みから審査、融資まですべてネットで完結できるところが増えています。

インターネットからの手続きは簡単で、数分で終了します。

わざわざ店舗まで出向く手間も省け、24時間いつでもどこからでも申し込むことができます。

簡単な流れは、消費者金融のサイトを開き、申し込みページへすすみます。

入力ファームが表示されるので、住所、氏名、生年月日、年収、他社からの借入状況などの必要事項を入力して送信すると、早ければ30分以内に審査結果の連絡があり、即日融資も可能です。

身分証明書などはメール添付かファックス、郵送などで送ります。

会社によっては、生年月日や年収など簡単な項目を入力するだけで、融資可能かどうかの簡易診断を受けることができるので、融資可能と判断されれば安心して申し込むことができます。

インターネットの申し込み方法が比較的簡単で、審査も速いと定評があるのがアコムです。

生年月日、性別、他社からの借入状況など3項目の入力で借入可能かどうか表示され、申し込みをすると、最短で30分以内に審査結果がわかり、即日融資も可能です。

すべての手続きがインターネットで完結するので、大変便利です。

プロミスも申し込みから融資までの取引手続きをすべてインターネットで完結することができ、web契約の場合は、最短で30分以内に審査結果がわかり、即日融資も可能です。

同様にレイクやモビットもインターネットで取引を完結することができ、最短で30分以内に審査結果がわかり、即日融資も可能です。

インターネットでの申し込みで審査が速いのは、ある程度コンピューターを使って自動的に行っているからです。

ですから、融資可能額が低めに出る傾向がありますが、きちんと滞ることなく返済をしていると、融資額を上げてもらうことはできます。

わざわざ店舗まで出向いたり、郵便を使って数日かけて融資を受けるよりは、最短で即日融資可能なインターネットでの申し込みが便利です。